Couleurs de Paris ─ 今日もパリ色のブーケと 自然の景色を両手の中に。ブーケで綴るラムール・アン・カージュの日記。

心意気

今日から1週間、ダンナはパリへ。
「男の美術館荒らしの旅」を楽しんでくるそうです。
取り残された私とムスメはもちろん、
「ひとりでパリなんてズル〜イ!」と
文句ブーブー(笑)

…と言いつつ。
普段ダンナがいると出来ないことを
この際アレコレ楽しんでしまおうと、
今日のディナーはムスメと共に
ダンナの分までたいらげる勢いで
ステーキをお腹いっぱい食べて来ました。
(ムスメもバレエの発表会が終わったことだし
たまにはこういうのもいいですよね♪)


さて、今日は依然としてなかなか進まない
レッスンレポートをお届けします。
投げ入れ強化月間だった先月、
Tさんにご用意した花材はこちら。
b0304089_21322021.png

実はこの日の仕入れの際、
普段とても懇意にしていただいている先輩から
大量のミントとベルガモットを頂戴しました。


b0304089_21422919.png


今まで見たことのないほど
野性的で力強いミントには
それはもう大感激!
一方、ベルガモットの方は
これまで私が使ったことの無い色味でしたので
これはこれでとてもチャレンジングな花材でした。

今回の様に既に決まっている花を中心に、
残りの花選びをするということも
普段私はしないことなので
これもまた新たな挑戦です。


b0304089_21485408.png


私が学んできたパリスタイルでは
アジサイのように大きな花は
高い位置に活けることはあまりありません。

でも、ラムールのフローリストクラスの生徒さんは
必ずしもパリスタイルの習得が目的という方ばかりではないので
中級以上の方であれば
ご自身の望むデザインも
積極的に取り入れていただいています。
むしろその心意気こそ
今後の個人個人の活動にとって
欠かせないものとなるはずです。


b0304089_21500819.png

まだ熟していないブルーベリーの青い実は、
いつ見ても瑞々しくて
この色・質感でしか感じられない透明感が際立って
本当に美しいです。
まさに夏が生み出す宝石のよう。


b0304089_21531261.png

今回の投げ入れ作品も
Tさんらしい絶妙なバランスだと思いました。
こうして私自身もレッスンを通して
ラムール生の方から
たくさんの新たな刺激と学びをいただけて
本当に幸せです^^

毎日毎日子育てとお仕事で
本当に大忙しのTさん。
それでも決して学びのペースを緩めることなく
ご自分の表現を求めて
お花と日々向き合ってくださっています。
Tさんのような方の頑張りに
これからも応えられるように
私もより精進しなくては!と思います。
Tさん、来月も一緒に頑張りましょう♪



今日もご訪問ありがとうございました。
下のバナーをクリックしますと今日の順位が確認できます^^
応援いただけますと嬉しいです!


※フローリストクラスの皆さまへ
(必ずご確認ください)






[PR]
by laec_fleuriste | 2017-07-15 22:29 | レッスン | Comments(0)