Couleurs de Paris ─ 今日もパリ色のブーケと 自然の景色を両手の中に。ブーケで綴るラムール・アン・カージュの日記。

酸葉(スイバ)のお陰で初登場

先月の芍薬レッスンレポですが、まだもう少し続きます。
フローリストクラスOさんには
鮮やかな芍薬"エッジドサーモン"
フサスグリ
ドウダンツツジをご用意。

でもこの日、私が一番ときめいたのは
芍薬ではなく写真右に写っている
酸葉(スイバ)♪
そのシブイ色といい
イガイガゴツゴツした質感といい
ワイルドな姿形といい…
もうパーフェクトでした!

b0304089_20535402.png

芍薬の中でも人気品種のエッジドサーモンですが
この花を私が仕入れることはまず無いだろうなぁと
ず〜〜っと思っていました。
(このピンクは枯れ専の私には眩しすぎで…^^;)
でも、今回は酸葉のお陰でご縁が生まれたようです。
この日市場で酸葉に出会ってなかったら、
多分今年もスル〜していたハズ。。。

b0304089_20544384.png

ワイルドな枯れ専要素たっぷり(笑)の酸葉が
華やかな印象が勝るエッジドサーモンに
生き生きとした野性味を足してくれたので
とても新鮮な感じがしました。

b0304089_21090113.jpg

ブーケのサイドにチラリと見える
フサスグリのまだ青い実もとても瑞々しく、
このブーケに透明感を添えてくれています。
こういうニクイ演出が見られると私もとても嬉しくなります^^
Oさんの素晴らしいテクニックがキラッと光っていますね。

b0304089_21152404.jpg

フサスグリとシャクヤクを合わせると
結構な重さになりますけど
Oさんもやはりラムール生。
重さなんかには負けません(笑)
ドウダンツツジの枝をフンワリ伸びやかに使って
そんな重みを全く感じさせない
軽やかな初夏のブーケに仕上げてくださいました。

b0304089_21234460.jpg

いつもハツラツとした美しいOさんに
エッジドサーモンのブーケはとってもお似合い!
大輪の芍薬のブーケって、
多分女性にとって最強のビューティーアイテムなのではと思います。

芍薬という花は
最後の花びらの1枚が散る瞬間まで
本当にドラマチックな姿を見せてくれます。
そんな芍薬と共に過ごす時間には
女性の表情や仕草を自然と優しく柔らかにしてくれる
不思議な効果があるように思えてなりません。



今日もご訪問ありがとうございました。
下のバナーをクリックしますと今日の順位が確認できます^^
応援いただけますと嬉しいです!


今月24日(土)・25日(日)は
初!ラムール東京レッスンです。
現在お申し込み受付中です♪








[PR]
by laec_fleuriste | 2017-06-15 21:51 | レッスン | Comments(0)