Couleurs de Paris ─ 今日もパリ色のブーケと 自然の景色を両手の中に。ブーケで綴るラムール・アン・カージュの日記。

世界に一つのスケッチブーケ

今月のイベント
「花とリネンが出会うとき─vol.3」
内容一部変更のお知らせです。

イベント2日目、19日(日)のワークショップは
「春満開のブーケロン」から
「世界に一つのスケッチブーケ」
に変更いたします。


b0304089_22282372.png
※写真はイメージです。


私が市場で花を選ぶ時
ブーケを束ねる時
花に触れる時はいつも
ひとつひとつの花が
記憶の中の懐かしい景色や
あったかかったり、
ほろ苦かったり、
甘酸っぱかった思い出を
色鮮やかに呼び覚ましてくれます。
例えば

b0304089_20372740.png
コデマリは「春風」
この花を束ねると
心地良いそよ風にも
春一番のように吹き抜けていく風にもなります。


b0304089_20530809.png
パンジーやビオラは
「帰り道」
子どもの頃は写真のような豪華なパンジーはなかったけれど
友達と一緒の時も
ひとりぼっちの時も
帰り道には
いつも足元に咲いていた花。


b0304089_20563809.png
ピンク色のトリフォリウムは
何故かいつも「いちごミルク」を連想(笑)


b0304089_21093381.png
ラグラスだったら
幼い頃、祖父と二人で楽しく歩いた「草摘みの道」


他にも
雪柳は「雪解け」だったり
ニゲラは「野霞(のがすみ)」
ミモザなら「陽だまり」


こんな風に
「世界に一つのスケッチブーケ」では
ラムールが花に抱くイメージを
名付けた花をご用意します。
勝手に名付けてとても恐縮ですが
このようにイメージを織り合わせることは
私のブーケの要となっています。

どの花がどんな名前(言葉)になるのかは
当日のお楽しみです。
お好きな言葉の花を自由に組み合わせて
お一人お一人の心の中にある
懐かしい記憶の景色を描く(スケッチする)ように
思い思いのスタイルでブーケに束ねてお持ち帰りいただきます。
使用するお花の本数は10本〜お好きな数だけお使いいただけます。

このワークショップの参加費はお一人1000円+お花代(当日払い)とさせていただきます。
お支払いにはクレジットカードもご利用いただけます。(VISA・MASTER・AMEX対応)

花の選び方は
同じ種類の花を数本合わせても
全て違う花にするのも自由です^^
こちらのワークショップはお花が無くなり次第終了とさせていただきます。
(完成したブーケはラッピングしてお渡しいたします)


イベントを目前に控えつつ
ブログをなかなか更新できない日々が続きました。
ワークショップの一部変更の告知が遅くなりましたこと
皆さまには大変申し訳なく思っております。

スケッチブーケのワークショップは
これまでずっと長い間
ラムールの活動の主軸にしたいと思い温めていたもので、
今後控えているイベントのためにも、
今月のイベントで思いきって挑戦してみよう!と思い至りました。
今回は告知期間が十分とは言えませんし
まだまだ荒削りな部分があることも重々承知しています。
正直、どれだけの方がご参加くださるのかも
今の私には全く予想もつきません。

でも、焦らず地道に回数を重ねて
この活動に磨きをかけて
私なりの花の表現と向き合っていこうと思います。

もしよろしければ
花を見るだけでも構いませんので
18日(土)・19日(日)は
神楽坂・光鱗亭ギャラリーにお気軽に遊びにいらしてくださいね^^
光鱗亭さんはとても居心地の良いギャラリーです。
日常の癒しに足をお運びください。

※18日(土)「ミモザのリースのレッスン」は予定通り行います。
18日もスケッチブーケを体験されてみたい方はご用意できますのでご遠慮なくお申し出ください。


b0304089_21483487.png
さて、皆さまだったらムスカリにどんな名前をつけますか?



今日もご訪問ありがとうございました。
下のバナーをクリックしますと今日の順位が確認できます^^
応援いただけますと嬉しいです!






[PR]
by laec_fleuriste | 2017-02-06 23:34 | イベント・展示会 | Comments(0)